高い治療効果が期待できる放射線治療|直腸がんの検査方法

看護師

脳の病気を調べられる

看護師

突然死を招くことも多い脳の病は、京都の病院が行なっている脳ドックで検査をすることができます。人間ドックでは行なわれない頭部へのMRI検査ができるので、脳梗塞などのリスクを避けられるでしょう。行ないたい検査項目によって、検査コースを選択することもできます。

詳細を確認する

がんに対する治療法

医療器具

がんへ有効とされている治療方法は三つあり、それぞれ外科療法、薬物療法、放射線治療とされています。外科療法では、腫瘍をメスで切除することで行なう治療方法です。昔からこの外科療法はがんへの治療法として用いられており、転移がされていないがんであれば、高い治療効果が期待できます。薬物療法では、抗がん剤を服用することで治療を行なえる方法です。外科療法よりも負担が少なく、小さい腫瘍に高い効果があるとして、初期のがんへの治療として多く用いられています。放射線治療は患部に放射線を照射することで、がん細胞の縮小を促す治療法です。抗がん剤とは違い、比較的大きながん腫瘍にも効果があり、外科療法よりも体の負担が少ないので、体力の低い高齢者や子供への治療としても持いられています。がん腫瘍が切除の難しい動脈や神経の近くに現れていた場合などにも行なえる治療法なので、国内でも機器の導入を行なう病院が増えつつあるのです。

放射線治療は高額な機器を使用する治療法であるため、治療に掛かるお金も高いものとなります。欧米では一度の治療に1000万円もの費用が必要とされており、治療のために家や財産を失ってしまう人も多くいるのです。そのため放射線治療を受けることに不安を覚える人も多いでしょうが、国内では医療保険の適用によって安く抑えることができます。医療保険と高額療養費制度の活用により、十万円以下まで価格を抑えられるので、誰でも負担なく治療を受けることができるでしょう。

歩行困難な人へのサービス

病院

一度腎不全に陥ってしまうと、機能を回復させることはできないので、人工透析を定期的に行なうこととなります。週に二回から三回病院で受けることとなるので、高齢者や足が不自由な人は負担となるでしょう。送迎サービスを行なう病院ならば、負担なく毎週通えるようになります。

詳細を確認する

危険ながんの検査方法

医者

食の欧米化や過度な飲酒によって現れる直腸がんは、日本人にも罹患する人が多くなっています。消化器系の治療を行なう病院であれば、直腸がんの検査を行なえます。内視鏡検査や便潜血検査、PET検査などによって、がんの有無がわかるでしょう。

詳細を確認する