高い治療効果が期待できる放射線治療|直腸がんの検査方法

カウンセリング

危険ながんの検査方法

医者

日本人の死亡要因として多く挙げられるがんですが、特に最近罹患率が上昇しているのが直腸がんです。この病に罹ってしまう人が増えている原因は、食生活の欧米化と過度な飲酒が原因とされています。塩分の多い肉料理を毎日のように摂取していると、食べ物を消化する消化器系に負担を与えてしまいます。刺激の多い香辛料によって消化器系が刺激をうけ、がんのリスクが高まってしまうのです。たくさんのお酒を飲むことでも、アルコールによる刺激から腫瘍が発生する確率が高くなってしまいます。食生活の悪化は腸内細菌にも影響を与え、腐敗菌などの悪玉菌が多く繁殖してしまうこともあります。菌の影響も直腸がんが発生する要因となるのです。直腸がんを早期で発見するには、定期的な検査が必要となります。内視鏡検査や便潜血検査、PET検査などが代表的な検査方法となります。

直腸がんの検査としてポピュラーな方法が、内視鏡検査です。大腸内を目視で調べられるカメラを使用する検査であり、腸壁にできた腫瘍やポリープなどをすぐに察知することができます。高い精度で症状を発見できますが、検査を受けている人の負担も大きいため、事前に便潜血検査を行なうことが多いものです。検便によって血が混じっているかを調べる便潜血検査は、直腸がんの兆候を調べる上で参考となる検査です。がんによる腫瘍ができている場合、便が通過するごとに腫瘍に接触し、便に血液が付着します。血液が含まれているかどうかを調べることで、がんの有無を発覚することができるのです。PET検査は、増殖することでたくさんのグルコースを必要とする、がん細胞の特徴を逆手に取った検査方法です。特殊なグルコースを摂取してもらい、グルコースを検知する機器で撮影をすることでがん細胞の有無がわかります。体に負担を掛けず、検査では見つかりにくい部位のがんも発覚できるので、多くの人に注目されている検査方法です。